中小企業のM&Aを網羅的にご支援いたします

M&Aコンサルティング(譲受側)

会社を譲る場合も譲り受ける場合にも、アドバイザーとして譲渡方法・譲渡金額・仲介会社の選定・専門家の紹介などM&Aに関して総合的にご支援いたします。デューデリジェンスも担当します。

こんな方にオススメです

  • 買収を進めるにあたって、アドバイスをしてくれる人がほしい
  • 買収したい企業があるので、第三者からアプローチしてほしい
  • 買収したい企業があるが、どんなリスクがあるか不安なのでしっかり調べたいが、どこに依頼すればよいのか…

M&Aの一般的な流れ

  • 01

    ノンネームの検討

    ノンネームを確認して、自社にシナジーがありそうか否か、など買収検討するのかどうかを判断します。

  • 02

    秘密保持契約の締結

    譲渡側の実名が記載された企業概要書を入手するまえに必ず締結します。

  • 03

    企業概要書の検討

    詳細な資料を確認し、買収のメリット、デメリットを検討し、仲介契約を締結するか、検討を先に進めるのか判断します。

  • 04

    提携仲介契約の締結

    仲介会社が入っている場合、本気の検討をしているかという踏み絵の意味合いで、着手金が発生することがあります。(仲介会社によって異なります)

  • 05

    個別詳細資料の検討

    企業概要書からより具体的な資料を入手し、検討を進めます。

  • 06

    トップ面談、企業訪問

    譲受側として候補が登場した場合、経営者の人柄や会社の雰囲気などを知るためにトップ面談や事業所見学を実施します。

  • 07

    金額等の条件交渉

    これまでの情報から双方の希望額の他、成約後の社長の地位、従業員や社名の扱い、事務所の所在地などの条件も交渉します。

  • 08

    基本合意書の締結

    金額はじめ基本的な諸条件の他、優先交渉権や買収監査への協力義務、スケジュールなどを記載した基本合意書を作成します。ただし、買収監査などで条件が変わることがあります。合意書ではなく意向表明書の差し入れるという手法もあります。

  • 09

    買収監査

    譲受側が譲渡側の買収にあたり調査をします。分野は財務、税務、法務、労務、ビジネスなど譲受側が必要と判断する項目を実施します。譲受側の会計士・税理士・弁護士が実施することがほとんどです。

  • 010

    最終条件の交渉

    買収監査の結果を受けて、基本合意書からの内容の修正を行い、最終的な譲渡金額、役員の処遇、あるいは表明保証など多岐に渡る事項が検討され、最終合意書に至ります。

  • 011

    最終合意契約の締結、決済

    最終合意契約への調印を行います。代表者が変更される場合には代表印の引き渡しなども行われます。譲渡金額の決済は同日の場合と後日一定条件後という場合があります。

  • 012

    発表、ディスクローズ

    社内の従業員にM&A実施の発表をします。この伝え方が非常に重要となります。

譲受をお考えの方はアドバイザーとしてご相談申し上げ、
またデューデリジェンスでのリスクの発見にてお客様をリスクからお守りします。

M&Aの一般的な進め方

※下記は提携する仲介会社が実施する項目を含みます

  • Step1
    ノンネームの検討

    「こういう企業を譲受けたい」というご要望に応じ、会社を特定できない情報でまずは検討を進められる案件をご覧いただきます。具体的にはお客様のニーズに合っているか、地域や譲受金額などの確認になります。

  • Step2
    秘密保持契約の締結

    より詳細な情報を入手するために、秘密保持契約を締結いただきます。譲渡側がM&Aは内密に進めたいというお気持ちが非常に強いため、成否を問う場面でもありますので、特に留意したいところです。

  • Step3
    企業概要書の検討

    企業概要書にて譲渡企業の概略を確認します。企業概要書には譲渡企業の事業、組織、従業員、財務情報など詳細な情報が記載されており、ノンネームでは得られなかった情報になり、詳細に検討することとなります。

  • Step4
    個別詳細資料の検討

    企業概要書の中からさらに詳細な資料をご覧いただきたい場面があります。そういった資料のリクエストや「こういう資料で検討を深めてはどうか」などアドバイスさせていただきます。

  • Step5
    提携仲介契約の締結

    成約へ向けて契約を締結します。当社でない仲介会社の場合には契約内容の留意点などをアドバイスさせていただきます。

  • Step6
    トップ面談、企業訪問

    社内には内密に進めている段階ですので、秘密保持に留意しつつも、事業シナジーがあるお相手なのかなど意見交換を行い、意思決定をご支援いたします。

  • Step7
    基本合意書の締結

    買収監査で譲受金額の増減がある前提とはなりますが、譲渡側の意図をくみ、一方で譲受側のリスクを下げるような基本合意書の締結のご支援をいたします。

  • Step8
    買収監査

    譲り受ける企業の調査をいたします。当社は税務デューデリジェンスを担当し、財務や法務はアライアンス先と一緒にチームで対応いたします。譲渡企業の規模により財務デューデリジェンスも担当いたします。

  • Step9
    最終条件の交渉

    買収監査の結果を受け、基本合意書からの修正を行っていき、譲れないリスクをどのように回避するか、許容するリスクの程度等も含めて取り組みます。

  • Step10
    最終合意契約の締結、決済

    調印、代金決済、登記など最後の法的な手続きが生じます。譲受会社の司法書士とも連携し、滞りのないように進めていきます。

当社仲介料金

ご支援の方法で異なりますので、まずはご相談ください。

選ばれる理由

  • 経営者の懐刀として

    経営者が叶えたい思い、留意したいこと、などはそれぞれです。わたしたちは経営者一人ひとりの思いに寄り添い、その思いの実現のため経営者の立場でご支援いたします。

  • M&A担当部署

    当社には税理士のM&Aシニアエキスパートがおり、すべての案件に必ず携わっております。税の専門家として、中小企業のかかりつけ医として活動してきた実績をM&Aにおいても発揮いたします。

  • 多彩なネットワーク

    M&Aの形は一つではありません。それぞれのケースに最適なアドバイスをさせていただき、仲介会社含めM&Aという重大事項を進めるに相応しいネットワークをアレンジさせていただきます。

担当税理士のご紹介

  • 木村 行宏

    弊社の案件でほぼ全ての
    案件を成約

    木村 行宏Yukihiro Kimura

    専門税務コンサルティング部 M&A担当
    M&Aシニアエキスパート

    会社の将来のためにM&Aを考える経営者様の思いを実現すべく、ご支援いたします。中小企業のM&Aはみなさん知らないことばかりで不安なことです。気軽にご相談ください。

よくある質問

M&Aをして事業範囲を広げていきたいが、どういう会社を譲り受ければよいかわからない
どういった考え方で譲り受ける先の業種などを選定するか、その考え方からご相談させていただきます。
M&A仲介会社とは契約しているのですが、本当に自社のことを考えてくれるのか不安です
仲介会社が御社のM&Aを一つの案件として扱っているというご不安はよく耳にします。そういったことのないように、M&A仲介会社とのミーティングなどにも同席し、そのご不安を解消します。
譲受後の取引先や従業員の維持ができるか不安…
一番耳にするご不安です。M&Aが進む中で取引先へ訪問したり、契約書でリスクをさげることで取引関係の維持を図ります。従業員には退任する社長のお力を借りたり、キーマンに事前に相談するなど会社の状況に応じた手法がありますので、適宜対策をしていきます。
譲り受ける会社は規模が小さいし、知り合いの会社だから買収監査はいらないのでは?
規模が小さくとも、知り合いの会社であっても、決算書のまとまった数値からはわからないリスクが潜んでいることがありますので、買収監査は範囲を絞ってでも実施することをお勧めします。
譲受先の調査はしたいが費用はかけたくない
調査をする範囲を狭めれば費用も下がります。しかし買収監査は転ばぬ先の杖ですので、できる限り費用を惜しまず実施することをお勧めしています。
デューデリジェンスをしたいが専門家の知り合いがいない
当社は税務から始まり、アライアンス先とともに財務、労務、法務、契約書のリーガルチェックなどをワンストップで担当できる専門家ネットワークを有していますので、買収監査の段階のみでのご相談もお受けしています。

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

くろじになる