御社におすすめの
G.S.ソリューション

規模6:拡大期

成長に向けた経営課題や方向性は、企業の業種・規模・経営者の考え方やタイプによって異なります。G.S.ブレインズ税理士法人では、独自に開発した「規模対応図」に基づきお客様の規模に応じた成長支援を行っています。

なお、各企業に応じて個別の経営課題は異なります。自社の課題が知りたい方はご相談ください。

経営計画PDCAの完全定着と組織再編・資本政策プランの立案

組織づくり

この規模では、複数の拠点を展開しています。各拠点に経営層の管理者を配置し、各拠点ごとの経営責任体制を明確化します。各拠点の規模も大きくなるので独立性を高くするとともに、拠点間の横連携を強化する事も大切です。同時に拠点間の格差を無くしていくことが課題となります。経営理念を実践し、経営者は全体最適を意識して経営を実践する必要があります。
組織づくりは、経営理念の構築と浸透、会議の運営とルール化、部下育成やチーム作りなどの組織マネジメント、人事制度、採用活動、経営管理体制、事業承継の7つの視点から取り組む内容をご支援いたします。

ビジネスモデル

成長戦略として業務の選択と集中を行います。全てを自前で行うのではなく、外部を活用してビジネスモデルを強化していきます。生産性と付加価値の向上を追求していきます。拠点や業態の格差をなくしていくことが課題となります。

マーケティング

外部環境の変化に対応しながら、すべて自前で行うのではなく、外部を活用してマーケティングを強化していきます。
マーケティングを展開するメディアや手法も、複数展開、横連携等組織的な展開力を高めていくことが課題となります。

数値の裏付け

中期経営計画⇒事業部計画(経営計画書)⇒PDCA会議の一連の流れを定着させるとともに、PDCAのサイクルを各拠点・事業部門内でも廻せる体制を整えます。
経営管理担当役員と経理財務・人事担当責任者が必要となります。さらなる成長に向けて、組織再編や資本政策のプランを立案し、先を見据えて実行していく事が課題です。リスクマネージメント体制の強化、外部監査機能を強化することも必要となります。また、各事業部の責任者も経営者感覚を身に着ける必要があります。

お客様におすすめのサービス

経営に役立つ「G.S.ブレインズ NEWS」無料ダウンロード

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

くろじになる