経営に役立つコラム

Column

2022.04.19

管理職が担っている部下育成の5大要素 【その3・人を育てる技術⑧-伝える・考えさせる技術】

「部下が自分で考えようとしない」「部下の考える力が弱い」とお悩みの経営者・管理者の方も多いのではないでしょうか?
もしかしたら、あなたが良かれと思って行っている「細かい指示出し」「丁寧な説明」が、部下の考える機会を奪っているのかもしれません。
今回のコラムでは、「自ら考え、自ら行動する」部下を育てるための伝え方についてご説明いたします。

「出口は自律人財」を頭に刷り込もう ◆「答えを言わない」◆

今回は、部下育成の6つのアプローチ<①知る、②聴く、③観る、④認める・褒める、⑤伝える・考えさせる、⑥任せる>のうちの5番目、「伝える・考えさせる」の解説です。なお、何回も繰り返しますが、「人を育てる技術」の出口は自律人財、すなわち「自ら考え、自ら行動する社員(部下)」を育てることです。

部下一人ひとりを自律人財に育て上げなければ、マーケット縮小時代を生き抜くことはできません。このことを脳裏にしっかり刷り込んで部下一人ひとりを育て上げていただきたいと思います。

さて、今月の本題「伝える・考えさせる」の育成技術に入りましょう。ここは、自分で考える社員(=自律人財)になるか、それとも何事も上司に頼ってしまう社員になるかの大事な岐路になります。

また、ここの岐路がマーケット拡大時代(過去の高度成長期)とマーケット縮小時代(現在の経営環境)の典型的な違いですから、ご自身がどうだったか、現在はどうしているか、よく振り返りながら読んでいただきたいと思います。

細かすぎる指示や長い説明が受け身の部下を生む

私が管理職の方々にいつもアドバイスしていることの一つなのですが、上司が部下に何かを伝えるときに細かすぎる指示や長々とした説明を当然のように繰り返しているケースが多く見られます。こういう指示・伝達の仕方を続けていると部下は育ちません。間違いなく自律できない社員、自分で考えない社員になってしまいます。

なぜ上司が細かいところまでアドバイスするのかといえば、心配だからなのです。そこには、若い頃の成功体験があります。ただ、その“若い頃„というのは多くの場合はマーケット拡大時代でのことです。または、拡大の時代のやり方で指導を受けた上司。

その成功体験は、ご自身の中では誇り高い功績として大事にしていることでしょう。プレイヤーとしては、自他ともに認める一流なのかもしれません。しかし、マーケット拡大時代は、馬力さえあれば誰でも一流になれました。動けば動くほどモノもサービスもよく売れました。

こうした成功体験を重ねてきた管理職は、現代の部下に歯がゆさを感じるケースが多いのでしょう。それが部下育成のネックになっている場合が多いのです。

部下に「考える機会」を与えよう

上司が自信を持って自らの経験を話すことすべてが育成の害になるというわけではありません。部下が自分自身で考えるべきところ、自分で考えることによって育っていく場面なのに、その貴重な機会を上司が奪ってしまうことが大きなマイナスになるのです。こうしたマイナスにしかならない指導の仕方をすると、部下は間違いなく「受け身人材」になってしまいます。

良かれと思って出した細かい指示が逆効果になることも

ポテンシャルの高い部下は細かすぎる指示や長々とした説明を嫌います。素直に受け入れません。内心、「ずいぶん私の能力を低く見ているんだな」「馬鹿にされているのかな」「もういいよ。早く着手したいのだから……」といった思いが募ってしまうことでしょう。

中小企業の社長さんや管理職の方々に時々、「今の若い奴は自分で考えようとしない」とグチを言われることがあるのですが、自社の職場をよく見ていれば、こういうことが普通に行われているに違いないのです。

直属上司は良かれと思って細かい指示をしているのでしょうが、優秀な部下になればなるほどやる気を失います。そして、こう考えます。

「この会社に長くいてもいいことはないかも……。給料は上がらないし、会社としての将来性もない感じ。早いところ辞めてほかの会社に行こうかな」

実際にこう考えて転職する若手社員は多いのです。ポテンシャルが高ければ高いほどそう考えます。

部下が自ら考えるようになる伝え方

効果的な対応は「答えを言わない」こと

では、部下が自ら考える伝え方・説明の仕方とはどういうものなのでしょうか。たとえば、部下が「ここは、どのようにやればいいのでしょうか」と質問してきたとしましょう。皆さんはどのように答えているのでしょうか?

私の結論は簡単です。最も効果的な対応は、答えを言わないことです。

部下の背中を後押しする、部下自身に考えさせる言葉をかける

プレイヤーとしての自信を持ち続けている上司や、輝かしい功績を残している上司は「喜んで答えを言う」という反対の対応をしています。

賢明な上司は、答えを示したいところをグッと抑えて「もう少し自分で考えてごらん。君ならできるよ」と、答えを言わない励ましで背中を押してあげるのです。

もちろん、何も言わずただ「君ならできる」と励ますだけでは、当然のこと部下は育たないでしょう。

ここが大事なところです。答えを言わない代わりに、自分で考えるための具体的なヒントを示してあげるのです。もちろん、「ヒントはこうだ」などという直球で示すような話し方はしません。

部下に質問をして気付かせよう

部下に関連質問をして考えさせ、気づかせるという方法が最も有効です。たとえば、こんな会話の仕方です。

上司「そう、うまく進まなかったのか……。見ているかぎりは上手くいっているように思えたけど。どこで躓いたのかなあ? A社の担当者は、具体的にどういう言い方をしているの?」

部下「担当者は好意的に対応してくれていると思います。なのに、なんだか急に対応が変わったのです」

上司「ほう。何か思い当たることはないの?」

部下「ありません」

上司「たとえば、他社の商品について何か言ってなかった?」

部下「あっ、そういえば……」

と、こんなふうに部下に質問することによって事実関係を確認し、部下が把握している事実関係に基づく質問を続けます。質問することによって部下の頭の中を躓いた経緯と解決法に集中させるのです。

この場面は答えを探すというよりも、直面した問題に集中して考えさせることが目的です。たとえ答えがはっきりわかっていたとしても部下には言いません。ここでは、答えを言わないことが最も効果的な指導なのです。

ただし、部下が上司に質問してきたことにはていねいに答えてあげます。質問が出るというのは、自分で一所懸命に考え始めた証左だからです。その質問に答えてあげるのは、部下の頭の中を活発に働かせる潤滑油になります。

そして、部下が自ら解決すべき方向性に気づいたら、しっかり褒めてあげますそして、行動に移させる。この流れが自律人財を育てる基本です。

部下が行動に移した後は振り返りを

部下が自分で考えた正しい方向性に沿った行動に着手してからは、絶対的に大事なことがあります。

私たちG.S.ブレインズグループが最も大事にしている「振返り」というプロセスです。チームを強くする「PDCA」のサイクルに置き換えれば「C」(チェック)の部分です(「PDCA」については、のちに詳しく解説します)。

「振返り」は部下自身で行うべきことですが、対面でもリモートでも、上司のチェックは欠かせません。

まとめ

最後に整理しましょう。
本人が自分で考えるようになる伝え方として、次の3項を頭に入れて下さい。

〈管理者として貫くべき基本スタンス〉
・答えを言わない
・徹底的に考えさせる(質問で気付かせる)
・徹底的に「振返り」をする、させる

経営のお役立ち情報を配信中!

G.S.ブレインズグループでは、皆様の経営に役立つ情報を定期的に配信しております。(税務・金融・財務・相続・事業承継・組織づくり・保険など)
最新情報は登録無料のメールマガジンでお知らせいたします。

関連記事

近藤浩三

お役立ち情報を発信していきます

近藤浩三

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

くろじになる