経営に役立つコラム

Column

2021.03.11

東日本大震災の教訓から学ぶ、【数値計画】の重要性

東日本大震災の発生から10年。
震災でお亡くなりになられた方々に、心からの哀悼の意を表しますとともに、被災された多くの皆様にお見舞い申し上げます。

「記憶」の彼方

さて先日A社様の幹部会議の際に「10年前の震災当日、なにをされていましたか?」とご質問したところ、ほぼ100%のかたが行動内容を鮮明に記憶しておられました。
「商談が途中で中止となった」・「電話が通じず、スタッフの安否確認がなかなか取れなかった」・「帰宅難民となった」など。

そして次にこのような質問をさせて頂きました。

Q1:「10年前の3月の売上高はいかがでしたか?」
Q2:「10年前の事業年度の決算状況はどうでしたか?」

A1:「・・・・・。」
A2:「融資を受けたのは覚えています。」

「数値」に対する記憶とは、案外このようなものかも知れません。

「数値」は業績・結果を客観的に表す

上記例とは反対に、良い「数値」に関しては皆様よく覚えていらっしゃるようです。
「今月は過去最高売上を更新しました!」
「創業以来はじめて経常利益が〇〇万円を超えました!」

「数値」は会社の業績・結果を客観的に表します。
良い「数値」ももちろんですが、悪い「数値」となった時にもこれを客観的に受け止め、「活用」していくことが非常に重要です。

「数値」活用の大前提

では、どう「活用」するのが好業績へとつながるのでしょうか?
活用の前提として必要なものが「計画」です。
数値計画のひとつに「予算」がありますが、あらかじめ立てた「利益」に対する道筋を「数値化」したものが「予算」です。どのように「計画」し、「計画」に基づき「行動」し、「行動」した結果が「数値」になったのか?これをしっかりと【PDCAサイクル化】することで活用可能となるのです。

先のA社様、震災直後は債務超過の状態でした。
震災後にお会いし、【数値計画の重要性】に気付かれ、毎年経営計画を策定・共有・実践された結果、今では年商・利益率・スタッフ数ともに地域ナンバーワンの会社として、地域社会になくてはならない存在となっていらっしゃいます。数値計画・経営計画に興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。

安部亮

お役立ち情報を発信していきます

安部亮

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

くろじになる