経営に役立つコラム

Column

2019.09.03

生命保険の税制改正の概要と適用時期が10月になる保険の対応

生命保険の税制改正の概要と適用時期が10月になる保険の対応

6月末に法人保険における生命保険の税制改正が発表され、7月8日以降に加入される保険から、保険料の経理処理が大きく変わることになりました。
下記の通り保険料の損金割合は、保険料累計額と解約返戻金の割合によって変わります。

税制改正前の保険について

最高返戻率(解約返戻金を保険料累計額で割り、その一番高い率で判定します)

50%以下:全額損金
50%超70%以下:6割損金
70%超85%以下:4割損金
85%超:およそ1~10%程度の損金(当初10年間と11年目以降で損金割合が変わります)

お客様が一番心配されていた税制改正前に加入されている生命保険につきましては、従来の経理処理が適用され、全額損金や1/2損金など、従来通りの経理処理を継続することになりました。

2019年10月8日以降の加入に適用される保険

また、今回の税制改正で10月8日以降に加入した保険から、適用される保険があります。対象となる保険は、終身の医療保険や介護保険で保険料の支払期間が5~10年と短いタイプのものは、これまでは保険料が全額損金でしたが、こちらも損金処理が変わることになります。8月頃より、お客様からこの医療保険や介護保険について、保障内容や活用方法、どのような経理処理になるか?など、多数のお問合せを頂いております。保障については、終身ですので、経営者・役員の在職中の病気や介護の保障から退職後も個人で保障を引継げる点が特長の保険です。

その他、詳細につきましては、弊社加藤まで、お気軽にお問合せ下さい。

加藤浩之

お役立ち情報を発信していきます

加藤浩之

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

くろじになる