経営に役立つコラム

Column

2020.10.14

パートアルバイトのトレーニングシステムを導入することで得られる3つのメリット

アイキャッチ

人が育ち、利益・売上アップ!成長の三要素による『飲食店経営』法 第43回
引き続き教育について考えていきましょう。(図1)前回は業務の整理をみてきました。今回は業務の整理した内容をどのように活かしていくのかをみていきましょう。まずはパート・アルバイトを対象とした育成を考えていきます。トレーニングの仕組み=トレーニングシステムを作っていきます。

トレーニングシステム

トレーニングシステムを導入することで次のメリットがあります。

1)どういうステップを踏むのか好奇心をもたせることにより
  パート・アルバイトのやる気を起こさせます。

2)パート・アルバイト自身が何をしなければいけないかが明確(=見える化)になります。

3)次はこの仕事に取り組みたいというパート・アルバイトの自発的な行動を引き起こします。

トレーニングシステムを導入することにより店舗(会社)にとって具体的に次のメリットがあります。

(1)コストコントロールによる「利益アップ」
   …パート・アルバイトの早期離職者の軽減。
   パート・アルバイトの在籍期間(店舗滞在期間)の延長
   ※採用コストとトレーニングコストの低減

(2)生産性向上による「売上アップ」
   …パート・アルバイト一人ひとりが短期間で能力向上
   店舗スタンダードの維持向上による客数アップ。
   トレーニングシステムを導入することで働いている人、
   店舗(会社)双方にメリットがあります。

トレーニングシステムの全体図作成

整理した業務を活用するにはトレーニングシステム全体図を作成していくことが大切なのになってきます。それぞれの業務がどの段階でできなければならないかを整理することです。パート・アルバイトの全体図を作成していきます。
全体図は次の3つから成り立ちます。1:キャリアパス2:トレーニング3:評価です。

キャリアパス「好奇心」・・・ランク・段階

・・・入社(入店)してからどのような段階、ランクを踏んでいくのかを見える化したもの。

トレーニング「目標」・・・トレーニング項目マニュアル・ツール

・・・キャリアパスに応じてそれぞれの段階での仕事の内容や基準・やり方を明確にしたもの。

評価「報酬」・・・評価・時給

・・・どのように評価されてどのように時給に反映されるのかが見える化されたもの。

この3つを整理することが大切です。そして、この3つは常に連動しています。全てを一つにまとめていきましょう。

<ポイント>人財育成のためにトレーニングシステムを作成する!

落合嘉寛

お役立ち情報を発信していきます

落合嘉寛

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

くろじになる