経営に役立つコラム

Column

2021.05.31

【Q&A】報告の弱い部下!どうしたら部下の報告が強くなりますか?

多くの方からいただいているご質問にお答えしていきます。

<今回のご質問>
部下に報告するように何回も言っています。それでもなかなか部下からの報告が弱いです。
「あれはどうなった?これはどうなった?」と聞いてようやく答える(報告する)状態です。どうしたら部下の報告が強くなるでしょうか?

【動画】どうしたら部下の報告が強くなりますか?

このケースの場合、最初に考えてほしいのは上司である自分自身が部下に対しての言葉・行動・態度表情がどうかということです。私たちは部下が報告をしてくれない場合、まず相手(部下)にその原因を求めがちです。

「なんで報告してくれないんだろう」
「なぜ報告が弱いんだろう」
「こんなに言っているのに…」
という風に、相手(部下)側から考え始めてしまいます。

もちろん相手(部下)側から考えることも大切ですが、その前にまず上司である自分自身の言葉・行動・態度表情について改めて考えてみてほしいのです。

自分の部下への「言葉」を振り返る

例えば、部下が報告をしてきました。その報告内容は浅く期待通りのものではありませんでした。その時に、

「そんなこと報告するなよ」
「報告内容が浅い」
「そんな報告しかできないのか?」

なんて言葉をつい言ってしまったりしていないでしょうか??

自分の部下への「行動」を振り返る

会社全体で決まった事を、チームの部下にきちんと伝えていないなど、上司である自分が部下に対する報告が弱い、ということはないでしょうか?
または、「報告しなさい」とそもそも言ってないとか、報告することの大切さを部下にしっかりと伝えてない、というケースも多々あります。

自分の部下への「態度表情」を振り返る

部下が報告してきたとき、あなたはどんな態度表情で聞いているか思い出してみてください。

・パソコンで別の仕事をしながら相手の目を見ずに聞く
・首を横に振りながら(こんなんじゃだめだと言わんばかりに)聞く
・報告途中でため息をつく

こんな態度で聞いていないでしょうか??
あるいは、自分では一生懸命聞いているつもりでも、眉間にしわが寄って、部下からすると怖い顔で聞いていたりするかもしれません。
この態度表情については、自分では気づかないうちにしてしまっていることがあるので特に注意が必要です。「自分はそんなつもりではなかった」ではなく相手がどう見るか、相手にどう映るかを考えることが大切です。

部下は一生懸命考えて報告してきました。その時に「そんなこと報告してくるな、報告する内容じゃないだろ」なんて言ってしまったら、次から部下は報告しようと思うでしょうか。
上司である自分はそんなつもりではなくとも、部下から見てこのような言葉・行動・態度表情をとっていれば当然部下の報告は非常に弱くなります。

原因は意外と自分自身にある?

このように、部下ができていないとき期待通りでないときに部下の原因だけを考えがちです。ですが、自分では気づかないうちに部下が報告しないような雰囲気や環境を作ってしまっていることがあるのです。そのような状況では、いくら報告しろと部下に言っても、部下は報告しないでしょう。報告しても否定される、報告しなくても叱られる、ならば報告しない方を選ぶのです。または、なんでもいいから報告しろと言うから報告したのに、「そんな浅い内容を報告するな、もっと考えてから報告しろ」なんて言ったら、部下はずっと考え続けてしまうでしょう。結果、部下からの報告は弱くなります。

相手に原因があると思っていたものが、実は相手をそうさせていたのは自分だった、ということはよくあることです。もし原因が自分であるならば、自分で気づいて変えれば、相手も変わってくるはずです。

最初から部下が期待通りの報告をしてくることはないでしょう。期待通りの報告がなかったとしても、報告をしてくれたことにまず感謝しましょう。そのあと、報告のクオリティを上げるように一緒に取り組んでいけばいいのです。
部下の報告が弱い!と嘆く前に、まず自分自身の「言葉」「行動」「態度表情」を振り返ってみてください。

ご質問を受け付けています

経営に関するお悩みや疑問などがありましたら、ぜひこちらにお寄せください。
「成長の三要素Q&A」宛

落合嘉寛

お役立ち情報を発信していきます

落合嘉寛

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

くろじになる