経営に役立つコラム

Column

2021.04.08

「管理」と「監視」の違いとは?

皆さまこんにちは。成長支援コンサルティング(株)の鈴木と申します。
前回から始めさせて頂きました管理者育成に必要な知識について、今回第2回目をご案内させて頂きます。第2回は管理者を育成するにあたる正しい知識の一つである「管理と監視の違いとは?」についてお伝えさせて頂きます。

【経営コンサルちゃんねる】管理者と監視の違いって?

管理者が行うべき3つの管理とは

そもそも管理者が行なうべき管理とはどういうものがあるかということを漠然と理解している方が多くいらっしゃいます。ここで管理者が行なうべき管理を3つに整理して定義させて頂きます

業務管理(顧客管理/進捗管理/品質管理)

会社で設定した方針や目標に基づいてお客様が付加価値を得られるようお客様の状況などを管理する顧客管理、契約内容に基づいてプロセスや成果物等を管理する進捗管理、お客様に提供している商品・サービスが会社で定められているレベルで提供されているか管理する品質管理の3つが業務管理です。この3つの管理を行い、責任を負うことが管理者としての役割となります。

人事管理

自身の部下の適性や性格・生活状態・業務遂行等を把握し、最高のコンディション(モチベーション)で業務を従事させることです。また部下を育成し、目標達成に向けて進め・評価することです。部下一人ひとりを的確に捉え、一人一人に合った指示・指導をすることです。

数値管理

自身の組織で達成すべき数値(売上・利益・原価等)の目標に対して、適切なPDCAのサイクルを回し達成に向けて管理し、結果の責任を負うことです。

会社として管理者に「管理」を任せたとしても、自身の経験値の中で取り組んでいるケースが多くあります。結果的に管理者が動いている行動と会社(経営者・経営幹部)が求める行動にズレやギャップが生まれてしまいます。会社として管理すべき内容は何かを明確にしていくことが必要です。

管理者が行なうべき管理とは

各管理業務において、達成すべき目標があります。その目標に対して、現状「何が出来ているか(機会点)」と「何が出来ていないか、やり切れていないことは何か(課題点・改善点)」を正しく捉えることが第一ステップになります。

その上で、目標を達成するためには「何を取り組まなければいけないか」を優先順位をつけて取り組み、ズレを補正しながら目標に近づけること、達成することが管理です。

管理と監視の違い

管理の注意点として、「管理」は「監視」ではないということです。「監視」とは不正が起こらないように見張ることです。部下一人ひとりが何かミスを起こさないかと目を凝らして見張り、指導することが管理ではありません。

管理とは、部署・部下において現状何が出来ていて何が出来ていないのかを捉えること、そして目標達成するためにどのように補正しなければいけないかを考え、改善することです。
この点を勘違いして「管理者」ではなく「監視者」になっているケースが多くあ

また管理を進めていく中で目標値が共通認識されていないケースも多くあります。管理者は目標値を理解しているものの、部下が認識していない等があります。この目標値とは、売上等の数値目標もそうですが、数値目標以外にも部下を育成するための1年後の目標設定が共通認識されていない、もしくは設定されていないというケースが多くあります。特に部下を育成することにおいて、共通認識されていないことが多くあります。

目標値が定まっていないとそもそも部下を「管理」することに至りません。また部下も「結果的に育っている」という部下任せの育成になってしまいます。目標値を定めること、そして部下と目標値を共通認識することが重要なテーマになります。

管理者育成オンラインセミナーを開催します

当社では管理者を育成するための正しい知識について「管理者育成オンラインセミナー」を開催させて頂きます。下記のページからご確認ください。

経営に関するお悩みや疑問などがありましたら、ぜひこちらにお寄せください。「成長の三要素Q&A」宛

鈴木 優

お役立ち情報を発信していきます

鈴木 優

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

くろじになる