経営に役立つコラム

Column

2021.10.14

人を育てられる人になるために

厳しい時代になればなるほど、人の成長がとても大切になってきます。成長とは変化です。人が日々変化し続ける=成長し続けるからこそ、成果へとつながるのです。人の成長を促すには、人を育てられる人をいかに社内に増やせられるかが重要になるのです。まずは自分が人を育てられる人になることです。

人を育てられる人

人を育てられる人はどんな人でしょうか?伝え方が上手、話がわかりやすい、教える内容が具体的等いろいろと考えられます。一番大切なのは何かというと、良い人間関係づくりをできるかどうかです。どんなに教える技術や育てる技術を持っていたとしても、良い人間関係づくりができなければ人は育たないのです。

何を言われたか、誰に言われたか

人には感情があります。人は正しいことを言われたから納得して行動するのではないのです。誰に言われたかが大切なのです。

自分が尊敬できない人から、正しいことを言われた時に「あなただけには言われたくない」という気持ちになったことはないでしょうか?頭では正しいとわかっていても、気持ちが反発し、受け止められなかった=行動に移さなかったことはないでしょうか?

反対に尊敬している人から言われると、すんなりと受け止めてすぐに行動を変えた経験はないでしょうか?人を育てられる人になるためには、教えるスキル・育てるスキルの前に「この人から教わりたい」という気持ちにさせる人になることが大切なのです。

人を育てる人にふさわしい言動

では、どのようにしたらよいのでしょうか?

次の二つを整理してください。一つは人を育てる人としてふさわしい言葉・行動・態度表情を、もう一つは人を育てる人にふさわしくない言葉・行動・態度表情です。(図)

不思議と誰が整理しても内容は一緒になります。ということは、人を育てる人にふさわしい言葉・行動・態度表情は皆一緒なのです。だからこそ、人を育てる人にふさわしい言葉・行動・態度表情を意識することです。意識し、行動し、振返ることで自分自身が人を育てる人としてふさわしい人になっていくのです。

人を育てる人にふさわしい言葉・行動・態度表情を身につけたうえで、教える技術・育てる技術を行うことで人が成長していくのです。

参考までに人を育てる人として、ふさわしい言葉・行動・態度表情で多くでてくるのは

・誰でも目線を合わせてくれる
・約束(時間)を守る
・認めてくれる
・相手を知ろう、理解しようとしている
・正直に接する 
・あいさつ、返事がしっかりとしている 
・感謝の言葉(ありがとう)をいつも言ってくれる
・良いところを見つけられる

などです。

反対に人を育てる人として、ふさわしくない言葉・行動・態度表情で多くでてくるのは

・うそをつく、ごまかす
・約束を破る、約束を忘れている
・時間を守らない
・元気のないあいさつ
・上から目線
・人によって態度が違う
・否定(ダメ出し)ばかり
・無関心

などです。

皆思うことは一緒なのではないでしょうか?

<ポイント>人を育てる人としてふさわしい言葉・行動・態度表情を意識して実践すること。

落合嘉寛

お役立ち情報を発信していきます

落合嘉寛

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

くろじになる