経営に役立つコラム

Column

2021.11.04

増収増益で黒字なのに資金不足?

増収増益とは、売上が増えて、利益も増えることです。増収増益で黒字のはずなのに、決算確定申告を税務署へ提出、納税を済ませると手元資金がなくなってしまったという経験をされた経営者は多いのではないでしょうか。

売上が増加したのに手元資金が増えない?!

売上が増えると、手元資金が増えると思っている経営者は多いようです。注意したいのは、売掛金の回収金額(現預金)が増加したときに、回収金額が増えているから資金繰りは廻っていると勘違いしてしまうことです。

実は、売上が増えると仕入と在庫が増えます。売掛金の回収までの日数は変わりませんが、仕入の支払いが先行し、在庫が増加します。つまり売上が増加した分、仕入と在庫の増加資金が必要です。これが運転資金です。

運転資金とは、「企業が事業を行うために必要となる資金」の総称です。

・商品を売っても現金がすぐに入ってくるとは限りません。翌月に振込入金等、回収条件によって入金時期は異なります。
・商品は先に仕入ますので支払いは先行します。

☆入金と支払いのタイムラグの間に、足りない資金を補うのが運転資金です。

事例

①A社(年商1,200万円/仕入支払は末締の翌月末支払い、売上回収は末締の翌月末回収)

毎月同額の仕入をし、毎月同額の売上があれば資金繰りは廻ります。

不足の事態をさける為に月商1ヶ月分を現金・預金と在庫とした場合、現金・預金は100万円となります。

月末に売掛金の入金と買掛金の支払があるので同日入出金となります。預金・現金が100万円あるので月末に売掛金の回収が遅れても支払いは出来ます。

運転資金は、売上債権(売掛金+受取手形) + 棚卸資産 - 買入債務(売掛金+支払手形)で計算することが出来ますので、必要な運転資金は120万円となります。

②A社の支払いと回収を同条件とし、売上が2倍に増加した場合

※売掛サイト(回収条件)や仕入サイト(支払条件)、在庫の調整等で条件異なります。
売掛金は2倍 100×2=200
在庫も2倍  100×2=200
買掛金も2倍 80×2=160

運転資金は 120万円 ⇒ 240万円 へ増加します。

現金・預金も増加はしますが、月末に売掛金の回収が出来ないと、買掛金160万円の支払いが出来ません。通常は、月の売上が突然2倍になることは少ないと思います。毎月の売上が5%程度の増加ですと、運転資金が必要とは感じないでしょう。

決算申告後、預金残高が納税の支払いによって減少すれば、増収増益なのに手元資金が不足する事態になります。金融機関へ納税資金の借入が受けられたとしても、金融機関では納税資金は短期借入(1年以内の返済)の扱いになるので、また数か月後に資金不足となります。根本的に増加運転資金が必要です。長期の運転資金または、短期借入の期限一括(毎月返済無し)の対応が必要になります。

運転資金はいくら必要なのか?

毎月の売上の増加に関心を持ち、運転資金の確認を致しましょう。
毎月5%程度の売上増加…6ケ月後で1.34倍
毎月10%程度の売上増加…6ケ月後で1.77倍になります。

9月10月11月12月1月2月3月
毎月5%増加100105110116122128134
毎月10%増加100110121133146161177

毎月の売上と仕入を確認すること、それは今後の予測の損益計算書を作成して、資金繰り表を確認することです。経営の安心安全をお考えでしたら、損益計算書の予測と資金繰り表を毎月確認し、振り返りをすることをお勧め致します。

このように、売上が増加した分、仕入と在庫の増加に対応する資金が必要です。今後売上の増加が見込まれるお客様は金融機関へ増加運転資金の借入をお薦め致します。

ご相談は、お客様相談室の中里まで、お気軽にお声掛けください。

中里武芳

お役立ち情報を発信していきます

中里武芳

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

くろじになる