経営に役立つコラム

Column

2021.01.25

マネジメントに悩んでいる人に読んで欲しい1冊

皆さまこんにちは。成長支援コンサルティング(株)の鈴木と申します。
今回ご紹介させて頂く本は、マネジメントに関する一冊となります。部下がなかなか思うように成長してくれない、チームが望ましい成果を上げられない等マネジメントに関するお悩みを持たれている方は多いのではないでしょうか。今回ご紹介させて頂く本は、「やり切るチーム」を作るための方法が書かれた1冊です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
書籍名:壁マネジメント 
著者名:山北 陽平氏
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
著者である「山北 陽平」氏は株式会社アタックス・セールス・アソシエイツの経営者であり、「壁マネジメント」というノウハウをもって各企業のコンサルティングを行っている方です。

壁マネジメントとは

本書では、管理者の仕事は「部下に成果を出させて、チームの目標を達成し、組織の上位方針を実現すること」であると書かれております。そのために取り組む手法として「壁マネジメント」のやり方が書かれております。

壁マネジメントとは、部下が成果の出る望ましい行動を取ってもらうために、上司が部下の行動に介入し部下が望ましくない行動を取らないよう「壁」になるというものです。具体的な介入のルールとして、「行動ルール」「介入ルール」「フィードバックルール」があると書かれております。

行動ルールとは、成果に結びつき、部下が100パーセントやり切れる数値に基づいた指標を設定することです。介入ルールとは、決めた行動内容に従って行動しているかどうかを把握するルールです。そしてフィードバックルールは部下が行動ルールの通りに行動したら「ご褒美」を与え、行動しなかったら「ペナルティ」を与えることです。

部下を育てる6つのステップ

私どもも部下を育てるためには6つのステップがあると日々お客様にお伝えさせて頂いております。「知る」「聴く」「観る」「認める」「伝える」「任せる」です。私自身も部下を育成する中で、特に最初の4ステップ(「知る」「聴く」「観る」「認める」)が大切であると強く感じております。今回の壁マネジメントのルールも共通する部分が大いにあるのではないかと本書を読んで感じました。

本書で書かれている行動ルールについては、部下の身の丈に合っていない高すぎる行動計画を立てても部下のモチベーションが下がってしまい、結果的にやり切ることが難しくなります。そのため、部下の一人一人を深く知ること、理解することが非常に大切になります。

介入ルールについては、目標を設定しただけで日々の行動を追いかけていかないと結果に繋がりません。結果に繋げるためには、部下のことを日々目的を持って観る必要がありますし、部下とこまめに進捗状況を確認することが必要です。このときに一方的に話すのではなく、部下が今何を取り組んでいるのか、なぜそのように取り組もうと考えたかに耳を傾けて聴く必要があります。決めた目標に対して、朝の段取りから一日が終わった振り返り、週間ベースではどうだったか等を常に確認しながら微調整をする必要があります。

フィードバックルールについては、出来たことをそのままにするのではなく、しっかりと認めてあげることだと考えます。人は誰しも承認欲求があり、その欲求を満たしてあげることで自ら考えて行動する意識が強くなります。

行動分析学を用いたフィードバック方法

本書ではフィードバックをする際には、行動分析学で使う「好子」「嫌子」「強化」「弱化」「出現」「消失」の6つの要素を活用することと書かれております。「好子」とは、実行出来た時のご褒美で、「嫌子」とは実行できなかったときのペナルティです。「好子」が「出現」すると行動は「強化」し、「好子」が「消失」すると行動は「弱化」するということです。反対に「嫌子」が「出現」すると行動は「弱化」し、「嫌子」が「消失」すると行動は「強化」するということです。
行動ルールが実行されたときにどんな「好子」を与え、実行されなかった場合はどんな「嫌子」をあらかじめ決めておくこととも書かれております。

本書内ではその他壁マネジメントのやり方や事例などが数多く書かれております。チームづくりや結果がなかなか出ずに悩まれている管理者の方々のご参考となれば幸いです。

鈴木 優

お役立ち情報を発信していきます

鈴木 優

お気軽にお問い合わせ・
ご相談ください

無料相談 経営のお悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。
弊社スタッフがお客様の状況に最適なサービスをご提供いたします。

03-6417-9627

営業時間 9:30〜17:30(土日祝を除く)

くろじになる