中小企業に必要な会計事務所とは?

ホーム > サービスについて > 中小企業に必要な会計事務所とは?

中小企業に必要な会計事務所とは?

税理士の仕事のほとんどが売れ上げ三億以下の会社であり、それ以上に発展していく会社をしっかりとお世話でき る税理士が少ない現状の中で、中小企業に必要な会計事務所とはどういう事務所なのか、事務所を選ぶ基準とは?

■「社長「小さい会社」のままじゃ駄目なんです!」(石原明著/ サンマーク出版)より

また、近藤先生が顧問をしている会社のほとんどは、どんどん伸びている会社です。なんでもないことのように聞 こえますが、これは実は、かなりすごいことなのです。というのは、伸びていく会社をお世話できるような税理士 さんというのは、意外と少ないのです。ですから、気をつけないと本当はもっと成長していくはずの会社が、税理 士のせいで妨げられている場合もあるのです。怖い話です。 この近藤先生に「よい会計事務所を選ぶときの判断基準」というのはどういうものなのかを聞いてみました。すると、 だいたい次のようなところを見るといいのでないかということでした。

1. 経営における月次決算の位置づけについて明確な考えを持っているかどうか
2. 自社の規模以上の規模の企業の顧問経験は豊富かどうか
3. 自社と同業種の企業の顧問経験は豊富かどうか
4. 予算実績管理・資金管理という視点での知識と経験があるかどうか
5. その会計事務所もまた成長しているかどうか
6. スタッフ教育に力を入れているかどうか
7. 相談しやすく、尊敬できるかどうか
8. 会計事務所を「先生商売」ではなく「サービス業」と位置付けているかどうか
9. 組織経営を志向している会計事務所かどうか

いかがですか。これまで「なんとなく」「縁があったから」「先代からの付き合いだから」というような、安易な理 由で税理士を決めていた経営者の方は、思わず真っ青になったのではないでしょうか。 税理士は会社を一緒に大きく発展させてくれる大切なビジネスパートナーですから、慎重に選ばなければならない ことがおわかりいただけたかと思います。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください